FC2ブログ
TOP > チェ・ゲバラ wiki
 ← something else 写真 | TOP | プロジェクトバーン

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


チェ・ゲバラ wiki 

2007年10月11日 ()
チェ
アルゼンチン生まれの革命家エルネスト・"チェ"・ゲバラがボリビアで射殺されて40年。(1928.6.14-1967.10.9) ゲバラ自身が書いたものを読んだことはないけれど、ずいぶん昔に三好徹の『チェ・ゲバラ伝』を読みました。 人物や行動について知識や関心が ...(続きを読む)


チェ・ゲバラ映画
ラテン系映画の配給などを手がけていて、スペイン語通訳としてもお世話になっているHさんのブログに最新のチェ・ゲバラ映画の情報がアップされていましたので、そのURLを紹介しますね。 http://ameblo.jp/vagabunda/entry-10049240411.html ...(続きを読む)


渡り鳥、暗闇イベント、ジャズ・シンガー安富祖貴子さん
今日40回目の命日を迎えている革命家チェ・ゲバラ、 暗闇体験イベント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、 沖縄のジャズ・シンガー安富祖貴子さんのライヴ、 などのお話をお届けします。 どうぞ、お楽しみに。 ♪ダイアログ・イン・ザ・ダーク ...(続きを読む)



おすすめロードムービーを教えて下さい。ニノの空、セントラルステーション、スト...
おすすめロードムービーを教えて下さい。ニノの空、セントラルステーション、ストレイトストーリー、テルマ&ルイーズ、ペーパームーン、幸福の黄色いハンカチ、風花、は観たことあるので、それ以外でお願いします。(続きを読む)


公道に出るのが怖いです。
公道に出るのが怖いです。最近二輪免許(MT)を取りました。(苦労しました・・・)ペーパードライバー(AT)・原付一度も乗ったことありませんでした。足つきは最高ですが大きめの125cc(アメリカン)を買いました。天気がよく人通りの少ない朝に公道で慣らし運転をしてます。毎回緊張してしまい、近所をぐるぐる回って右左折数回で帰ってきてしまいます。踏み切り・・・おっかなくていまだに渡れません。情けないんですが避けてます。皆さん、免許を取ってからスムースに公道に出れましたか?うまく走行できましたか?アドバイスを頂けるととてもたすかります。よろしくお願いします。(続きを読む)


歴史上の人物について歴史に詳しい方に質問です。日本内外問わず民衆のために戦っ...
歴史上の人物について歴史に詳しい方に質問です。日本内外問わず民衆のために戦った、あるいは正義の味方、義民的イメージの強い人物、逆にこいつは悪いことした、あるいは悪役的な人物をそれぞれ7人以上ずつ挙げて頂けますか。教科書レベルの知識・認識で恐縮ですが自分がパッといま思いつく限りでは前者・・・田中正造 大塩平八郎 佐倉惣五郎 磔茂左衛門 ラスカサス(ただしラスカサスについては評価が分かれているらしいですが)後者は蘇我入鹿 織田信長 石田光成 皇帝ネロ ピサロ コルテス ヒトラー ポルポトあたりです。最も蘇我や石田は政争に敗れたという側面が強いですし、後者にも彼らなりの信念があった者もいるのでしょうから単純に悪者と決めつけてしまっていいのかなという人物もいるとは思いますが御回答頂ければ幸いです。 (続きを読む)



キューバ革命の英雄チェ・ゲバラ、8日で没後40年
AFPBB News
(c)AFP/ADALBERTO ROQUE 【10月6日 AFP】(一部更新、写真追加)8日はアルゼンチン生まれのキューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ(Ernesto Che Guevara)の没後40周年に当たる。そのストイックで自己犠牲的な生き様から、ゲバラは世界各地の左翼勢力の象徴的存在 ...(続きを読む)


チェ・ゲバラ没後40周年、ファッションとして普及する「肖像」
AFPBB News
エルネルト・チェ・ゲバラのアイコンを使用したアイテムのポスター。(左)2002年7月に開催されたサンパウロ・ファッションウィークに登場した「チェ・ゲバラ柄」の水着。(中央左上)アルゼンチンを代表する元サッカー選手ディエゴ・マラドーナの腕に入った、「チェ・ ...(続きを読む)


【ラテンウォッチ】カストロは生きている!
JanJan
このことは、すでに1965年チェ・ゲバラにソ連を「帝国主義的搾取の共犯者」と明言させ、彼をキューバ政府から離脱させることになるのだが、1990年代にはカストロにも数々の修正を強いることになる。 その1つは精神性の回復だろう。モラルの重要性を強調し、信仰 ...(続きを読む)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.10.11(Thu) 02:43] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← something else 写真 | TOP | プロジェクトバーン

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。